anicca(アニッチャ)についてはこちら

本当に受けて良かった!

LATEST POSTS

嬉しいお言葉です。こちらこそありがとうございました!

新しい職場での人間関係の悩みから体調を崩されていたクライアントのI様。約4ヶ月前の最初のカウンセリングでは何に困ってるか、どうなったらいいと思っていらっしゃるのか。そんなことから話は進んでいきました。

相手は変えられない。そんなことは分かっちゃいるけど、でも~っ!!(怒)

相手からの心ない言葉に傷ついたり、自信を失ったり、理不尽さに腹がったたり…。そうした心の動きは当然身体に影響を及ぼします。まずは具体的にどんなことが出来そうなのか対応策を立てつつ、感情のコントロールと体調を取り戻すことを中心に進めていきました。感情のコントロールは体調のケアと直結しているからです。

感情のコントロールと言っても抑圧するわけではありません。手綱さばきを覚えるということです。まずは気づくこと。これだけでも実は大変なのですが、何より最初は難しいのが、ただ気づくで止めておくということ。気づいたら何か対策を取らなくてはいけないと思いがちですが、対策を取らないことが対策と言えます。とにかくその練習の繰り返しです。

そのために使うのが感覚。最初はなかなか感覚に気づくということが分からず戸惑っていらっしゃいましたが、日常生活の中で実践もしていただけたようで、だんだんと掴まれてきたように思います。

自分の中に色々と黒い感情とか、認めてほしいとかそいう気持ちがある事を素直に受け止めれてきたように思います。色んな感情があるみたい。

自分を受け入れるというのは積極的にOKを出そうとすることではありません。「気づく=見守る」ということ。そうすることで自分が好意を持てる感情とそうでない感情との差がどんどん減っていき、自然と素直に自分の心と向き合うようになっていきます。

最後のセッションという事でむしょうに寂しく感じてしまいました。でも、だんだんとセッションが進んでいくうちに、心が落ち着いてく感覚に進んでいきました。
慢性的に緊張状態にある時、多くの方は身体的にも心理的にも緊張状態に気づいていません。常が緊張状態なので、緩む状態がどんな状態なのかも当然分かりません。ヨーガセラピーでは先ずは緩む感覚を身体的な感覚から掴んでもらうという事を大切にしています。
身体が緩むことで心も緩み、今の自分にとって安心し落ち着くところへ戻れるようにするのです。これは自律神経にも当然大きな影響を与えます。
まさに心身一如。
I様は月に一回程度のセッションを4回受けていただきました。状態や状況によってはスパンに差が出てきますが、回数やスパンについては初回カウンセリングときにご説明しております。
プライベートセッションについてはこちらをご覧ください → プライベートセッション

いきなりプライベートセッションはハードルが高い…という方は2月9(土)13:30~名古屋市中区大須で「こころの治癒力を引き出すお話会」を開催しますのでご利用ください。私自身がどういう視点でセッションを行っているかも分かるかと思います。少人数の会ですので、お気軽にご参加ください。

詳しくはこちらから → こころの治癒力を引き出すお話会

コメント