「心の治癒力」が目覚める時

LATEST POSTS

コロナからオンラインに移行して、少しずつ足りてない部分を補ってやっている中で、新しい機能を加えようとHPを触っていたら、HPが閲覧できなくなるという…。

いつも、いつもトライ&エラーの繰り返しです(笑)まぁエラーの部分がだんだんと小さくなればOKなのですが。

さて、話はガラッと変わりますが

・7/18(土)京都
・7/25(土)zoom
・7/26(日)東京

の3日間、黒丸先生主催の体験セミナーが開催されます。京都と東京は1000円、zoomは無料です。このセミナーでは先生が提言されてる「心の治癒力」を引き出すための「ホリスティックコミュニケーション」についての講義と先生の実際のデモンストレーションが行われます。※zoomは講義のみとなります。

このセミナーでのキーワードは「心の治癒力」と「コミュニケーション」です。

私たちは問題が起きたり、心身などの調子が悪くなると、当たり前に「原因」を探し続けます。疑うことなく「原因」が見つかれば解決できると思っています。

まるで機械を扱うように「原因」を見つけ出そうとします。ホリスティックとか謳っているいる人ですら(むしろそう人ほど…)。

でも私たち「人間」が関わる様々な問題はそんなに簡単には進みません。なぜなら私たちは「機械」ではないからです。

私たちが抱える多くの問題は、家族や、友人、職場での人間関係、慢性的な心身の症状、職場のモチベーション…などなど、「人間」が関わっています。

にもかかわらず、機械の故障を直すかのように、「原因」を探すことに躍起になり、それらしい答えを見つけて一時的に安心してしまいます。ただ現状は何も変わっていないので、その一時的な安心の魔法が切れたら、また原因探しの旅に出ていくのです。

原因探し…というより安心探しです。

もうそろそろ、そんな旅は終わりにしてもいいかもしれません。その旅の終止符を打つための鍵が「心の治癒力」なのです。この土台から問題を眺めてみると、全く違う世界が広がります。

原因探しから、解決探しへ。
悪循環から、善循環へ。

かりそめの安心から、手ごたえのある実の安心へ。
分断から、つながり・関係性へ。

私たちの当たり前を変えるにはそれなりの時間と練習は必要です。でもその世界を垣間見て体験することは可能です。その時に、初めて自分の当たり前が現れてハッとします。この体験がないと何も始まりません。

まずはこの目からウロコの体験をしてみてください。

心身の不調でも、人間関係でも、何かしら行き詰まりを感じているのであれば、一度ドアをそ~っと開けてみてください。ドアの中に入るかどうかは、その後の自由です。(黒丸先生はお医者さんの仕事がメインなので、何か売りつけるとか、強引に…とか全くありませんのでご安心を)

コロナで実際に足を運ぶのはチョットためらう…という方にはzoomでの体験会がお薦めです。インターネットの環境があればどこからでもご参加いただけます。

あなたの眠っている「心の治癒力」、揺さぶってみませんか?

お申込はこちらから

黒丸先生ホームページ

 

 

 

 

コメント