anicca(アニッチャ)についてはこちら

オンライン化にしてみて

LATEST POSTS

コロナ禍になってみて、悪い部分もありますが、そのおかげで今までなんとなく先送りにしていたことを考えるきっかけになった…そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私もその一人です。

もともと、このオンライン化はコロナへの対応ということで「しかたなく」始めました。

最初は「しかたなかった」オンライン化だったので、対面と比べると…という所に目がいきがちでしたかが、ひとまず、色々なパターン(雑談、飲み会、講座、ヨーガ、読書会)で使ってみて、だいたいの様子が掴めてきました。

オンラインで向いていること、向いていないこと。
できること、できないこと。
そして、工夫をすればできそうなこと。

今では「しかたがない」から可能性へ目が向いています。

今までも、愛知を起点に東京や京都・大阪などに足を運んでいましたが、オンラインにしてみて対面では繋がる事ができなかった方と繋がる事ができるようになりました。

これはオンライン化の一番いい点です。

またオンラインの場合、対面と違って感覚的には内容の量を8割くらいに絞る必要があるのですが、削除する2割って結構余計な部分だったりして、より内容はまとまって充実してきました。

更にフォローをするために文章を書いたり、簡単ですが動画を作成したりすることで参加者の方とより密に話ができるようになったような気がします。実はこれは予想外でした(笑)

ただし、いい面ばかりでもありません。それぞれのインターネットの環境やデバイスの環境などによって音声や映像が途切れたり、見にくい場合もあったりします。

ただこの点は工夫すればなんとかなりそうかな…と思ったりもしています。

非常事態宣言は解除されましたが、まだコロナ禍は続くでしょうし、コロナという問題とは別に将来の自分のあり方を模索するうえでも、このオンラインという方法をブラッシュUPしていきたいなと考えています。思い描いている絵にオンラインというレイヤーが一枚かぶさってきて、なんだか楽しいです♪

とはいえ、やっぱり対面も好きなんです(笑)
なので、上手にバランスを取れるようにもう少し試行錯誤を楽しんでみようと思います。

コメント