心の健康管理~呼吸編~

LATEST POSTS

今回のコロナウィルスによって、人間の活動がぐんと減ったことで、二酸化炭素や一酸化炭素、大気汚染の物質の量が減ったそうです。なんだか考えさせられますね。

コロナウイルスの脅威はまだ収まっていないし、無理してこの状況から学び取ろうとも思いませんが、それでも、私たちに、もう少し生きることにゆっくりになってもいいんじゃない?って言われているような気もします。

さて、心の健康管理をするにあたって、前回のブログでも書きましたが、身体を使うことが非常に効果的です。ポイントは「ゆるやかに日常を中断させる」時間をつくり、「ゆるやかに日常に戻る」という流れを作るということ。←これは次回に書くことでも同じです。

急激にピタッと止まってしまったり、急激に変えるのはダメです。

呼吸というと、すぐに呼吸法的なことを思い浮かべる方もいますが、「ゆるやかに日常を中断する」という点からも呼吸をコントロールするという点で外れてしまいますし、何より、昨日まで何もしてなかった方がいきなり呼吸法をするのは、ちょっと危ないのです。

なぜ危ないかと言えば、呼吸は良きにしろ悪しきにしろ心身に与える影響が大きいからです。欲かいて沢山やった方が良いに違いないが一番良くないです。

グダグダと書いていますが、じゃあどうするんだということですよね。めちゃ簡単です。

① 仰向け寝になります。
  座っている方はスッと背骨を伸ばす感じで座ります。
  立って行なう方もスッと背骨を伸ばす感じで立ちます。

② 軽く目を閉じます

③ 右手をお臍に、左手を胸に当てます

④ 3呼吸、自然呼吸を丁寧に観じます。息を吐く時に有音もしくは無音で「ん~」と言います。息を吸う時は鼻で吸います。※私のおすすめは有音です。

何もしなくても呼吸をしていますよね。注目するのはその自然な呼吸に伴う身体の感覚です。吸って膨らむお腹、吐いて凹むお腹、声の振動などです。寝姿勢、立ち姿勢、座り姿勢で感じ取れ方にも色々あるので、ご自分で試してみてください。連動する動きが分からない場合がありますが、分からないのも一つの感覚ですので、嫌がらないようにしてくださいね。

3呼吸で大丈夫です。完璧にやろうと思わなくても大丈夫です。でも3呼吸、丁寧に優しい気持ちで。呼吸はあなたの生命のリズムです。そのリズムを否定しないように、責めないように、やさしく、やわらかく包み込むように。

お薦めは、朝起きた時(寝たまま)、お昼食べる前(姿勢はなんでもOK)、夜寝る前(寝たまま)です。もちろん、SNSやニュースなどでストレスを感じたことに気づいた時、ひまなときもおすすめです。

「ゆるやかに日常を中断させ」そして「ゆるやかに日常に戻る」。
早目早目の対応で、そして少しずつ無理のない対応で、心身の健康は保たれます。
次回は身体編です。

コメント