anicca(アニッチャ)についてはこちら

姿勢を丁寧に扱ってみる。

LATEST POSTS

コロナウイルスの影響で確実に日々の生活が変化してきています。私自身もオンラインでのカウンセリングやヨーガセラピーを試みたりなど、できることから進めています。

危機は「危険だけど、チャンス」そんな風に前向きに捉えれる日もあれば、やっぱり、この先どうなるのかなぁ…なんて思ってしまうのも事実。いつも前向きに!な~んてできません。それはそれで不自然だしね(笑)

でもその不安感やうつうつ感などに巻き込まれないようにすることはできます。心の働きにハンドルを乗っ取られないようにすることは可能なのです。

こうして色々と変化が起きる時こそ、心の働きにハンドルを乗っ取られずに上手にさばく技術が役に立ちます。そして、この技術は自己治癒力を引き出すためにも重要な役割を果します。

ヨーガでは色々な方法でその技術を高めていくのですが、その一つが姿勢です。

身体の姿勢は心の姿勢。

ヨーガではそんなことをよく言われます。

思い当たりますよね。落ち込んでいる時はうつむき加減になるし、やる気に満ち溢れている時は胸を張っています。

一方で、心の状態が姿勢に影響を与えるように、逆に姿勢が心の状況を作りだしているということもあるのです。

スマホやPCばかり見て、猫背になってきているようであれば、少し肩を回して肩甲骨をニュートラルな場所へ近づけてみる。実はそれだけで、身体も楽になるけれど、なんだか心もスッと軽くなります。

表情もまた一つの姿勢と言えるかもしれません。うつうつとしている時はとりあえず、口角を上げてみる。割り箸などを横にして数分口にくわえているだけで、なんだか気持ちが緩んできます。

私たちはこの肉体がある限り…つまり死ぬまで何らかの姿勢を取っています。座る、立つ、寝る、PCを見る、歩く…など。姿勢からは逃れることができません。

だからこそ、自分にとって本当の意味での快適な姿勢を探すということは結構重要なことなのです。

ヨーガでは重力に対して抵抗しない姿勢を教えています。それは頭から尾ていにかけてエネルギーの管がまっすぐに通っていると考えるからです。

抵抗のない姿勢はエネルギーの通りも良くなりますし、快適で安定した姿勢は息の質も自然と上がっていきます。その身体の安定感はそのまま心の安定感です。

ヨーガというとアーサナのポーズや呼吸法ばかりに目がいきますが、座っている時の姿勢、立っている時の姿勢、寝ている時の姿勢…など快適で安定した姿勢を丁寧に探る事もヨーガを実践していることになります。

そうなると、365日すべてがヨーガの実践…ということです♪

 

コメント