anicca(アニッチャ)についてはこちら

ホリスティックコミュニケーション実践セミナー@京都

LATEST POSTS

週末はホリコミ京都30期のセミナーでした。世の中はコロナで持ちきりですがホリコミは通常通り。通常と違うのは黒丸先生のコロナウィルスについての特別講演があったということ。

特に今回は認知バイアスにについての話を約1時間。認知バイアスというのは私たちが無意識にしてしまうゆがめられた思考や判断のことを言います。

無意識にっていうのがクセモノですよね。

例えば、ネガティビティ・バイアスというのがあります。これは良いニュースよりも悪いニュースの方が気になってしまうというバイアス。テレビの放送などはこうしたバイアスを上手く(?)使っています。

実際、厚労省のHPにもコロナウイルス感染の80%は軽症と出ていますが、そうした情報はスルーされがちです。

別のバイアスとしてはフレーミング効果というものがあります。同じ情報でも状況をどう見るのかによって決断の方向性が変わる傾向です。

例えば計600名の感染者が出たということであれば、まだ119,999,400人は感染していないということでもあるのですが、それは無視されます。

他にも確率の無視やゼロリスクバイアスなど、バイアスはたくさんあります。

もちろんこれは状況を軽く見ればいいという話ではなく、感染者や死者の数字ばかりに捉われたり、研究者がすべきウイルスの研究について素人の私たちがアレコレ考えて、現実の可能性を無視し、不安に煽られて正しい判断ができなくなっているとすれば、それはちょっと冷静に考えてもいいのではないかと思うのです。

さて、こうしたバイアスはコロナウイルスに限ったことではなく、普段でも常に働いています。これを緩めていくのがホリコミの質問力の腕の見せどころです♪

無意識の部分にアプローチをかけていくホリコミは伝えるためのコミュニケーション法ではなく、引き出すためのコミュニケーション法です。

ホリスティックコミュニケーション実践セミナー

意識や頭の使い方がガラリと変わる8日間(4ヶ月)。皆さんのお手伝いをしながら、私も学びを続けていきたいと思います。

手洗い、うがい、規則だたしい生活習慣でコロナを乗り切っていきましょう~。そして一日も早く終息しますように。

 

 

コメント