anicca(アニッチャ)についてはこちら

基礎講座1月~3月までのスケジュールです。

LATEST POSTS

日常がそのままセルフケア

一般的にセルフケアというと身体のケア、心のケアど分けられていることが多いような気がします。でも実際は身体と心は影響しあっているし、それ以外にも自分自身とのかかわり方や、他者を含むあらゆる環境や状況とのかかわり方とも影響しあっています。

じゃあどおするの?

それらの網目の接点の中心を自分に据えておくことです。
網が突っ張っていないか、たるんでいないか、絡まっていないか、切れそうになっていないか、逆に切ってしまった方がいいものはないか…。

ヨーガセラピーは身体と息というのをまずは中心に据えて進めていきます。他に道具となるものはありません。複雑になって網目がごちゃごちゃになっているのに、さらに付け加えるってなんか矛盾していませんか?

まずはシンプルに身体と息です。

シンプルだからこその難しさはあるかもしれません。ついつい、複雑にしてしまうクセ(笑)

だからこそ、理論や仕方、コツやポイントを最初にしっかり身につけておくことはとても大切です。こうした骨組みを押さえていただければヨーガセラピーはどんな場面でも活かしていただくことができます。

例えば、

・職場で休憩でコーヒーを飲む時。
・セラピーやカウンセリングなどクライアントさんや患者さんと向き合う前のほんの3分
・カウンセリングに入る前にクライアントさんに1分くらいやってもらう
・忙しい時に歩く10歩
・電車に乗っているとき
・入院してしまったとき

などなど。日常全てがセルフケアの場になります。

もちろん、朝や夜にヨーガの時間を取っていただくことができるのであれば、それが一番いいですが、いきなりそれはハードルが高いですよね。

まずは日常の中の一コマに連動させること、それが一番効果的です。

この基礎講座では、ヨーガセラピーの骨組みとなる一番基本の部分を重点的に行なっていきます。基礎と言っても自分のためのセルフケアとして使うには十分ですし、年齢や心身の状態が変化してきても使えるものです。

今まで、一般のヨガ教室に躊躇されてなかなか一歩が踏み出せなかった初心者の方や、ヨガのTTコースを受講されている方、セラピスト、カウンセラー、医療従事者、OLさんなど、様々な方に受講していただいています。

またヨーガセラピーは土台を耕すそんな役割です。専門的なセラピーなどの技術をお持ちの方は、組み合わせていただくことで、その専門性の力を最大限に引き出す力づよい補助となるでしょう。

1月~3月の講座のお知らせ

▲2/26・27(水・木)<京都>
▲【定員となりました】3/24・25(火・水)<東京>
▲【残席3です】3/28・29(土・日)<名古屋>

詳しくはこちらをご覧ください → 実践ヨーガセラピー12時間基礎講座

 

コメント