anicca(アニッチャ)についてはこちら

「分かる」ということと「分かってもらえた」の違い。

LATEST POSTS

先日の土日は京都でホリスティックコミュニケーション実践セミナーの第29期の最終日でした。今年は当たり年で、春には桜、この週末は紅葉を楽しむことができました。ただ、すごい人、人、人…。山科なのに…(笑)と思うくらい人が溢れていましたが。

さて、ホリコミ。
初回に受講される方は(そうでなくても)もれなくグッタリされます(笑)頭フル回転です。でも日常で何回も練習していく事で、どんどん自分に染み込んでいくし、自分自身もどんどん変化していくので、そういう変化を楽しんでみるのがオススメです♪

このタイトルは共感についてのことです。最後のワークの時にもオブザーバーで入ったグループの方にはお伝えしましたが、共感って自分(セラピスト側)が「分かる、分かる」と思う事、そしてそれを伝えることではありません。

これ、本当に注意が必要です。

特に自分と似たような状況の話がでてくると、あっという間に頭の中は自分の話になって、勝手に「こうに違いないと」思って話を進めがちですが、それは共感ではなく独りよがりです。

こちらが「分かった」と思っている事実と、
相手が「分かってもらえた」と思っている事実は違うのです。

そして、共感することが目的になってしまわないように。
共感は何のために必要なのか。
そんなポイントを忘れないように、私自身も日常で練習していきたいと思っています。

さて、来週は初の博多でのフォローアップ講習会。
一体どうなるのやら…。ちょっと心配(笑)&だいぶ楽しみ♪

ホリスティックコミュニケーション実践セミナーについて

ホリスティックコミュニケーション実践セミナーは2月から京都と博多で始まります。ホリコミには様々な職種の方が参加されています。コンサルの方や経営者、セラピストや医療関係者…等々「人」と関わることが多いかたにはおススメです。

詳しくはこちらをご覧ください ⇒ ホリスティックコミュニケーション実践セミナー
1月には体験セミナー(1,000円)も開催されます。まずは体験セミナーをおすすめします♪

コメント