anicca(アニッチャ)についてはこちら

身体感覚への気づき

LATEST POSTS

昨日、基礎講座の第2期が終了しました。
ご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした&ありがとうございました。ポイントとコツを忘れずに試行錯誤しながら、日常でぜひ実践してくださいね。

さて、そのポイントとコツの要が身体感覚です。

身体感覚に「ただ気づく」=受け入れる

私たちは大なり小なり程度や質の差はありますが、心身の不調からの回復や調和を取り戻そうとする時、身体感覚が大きなカギとなります。身体感覚に気づくことで、身体感覚を味方につけておくのです。

心と身体は一つです。

私たちが怒ったり、悲しんだりすれば、必ず身体も怒ったり悲しんだりしています。
私たちが望んだり、期待したりすれば、必ず身体も期待したり望んだりしています。

怒りや、悲しみ、希望、期待、愛…などは心という見えない空間に存在するのではなく、私たちの身体に余すことなく存在している身体の状態です。

多くの人は身体の声を聴いても、なかったことにしようとしてしまいます。
特に、自分の望まない身体感覚の時。

それは自分の心を無視することです。
自分が自分を無視する。

その無視は結局、自分の望まない感覚の周りをグルグル回り始めます。
回り始めるとそこにしがみつき始めてしまいます。

無視するのにしがみつく。

身体感覚にただ気づくというのは、穏やかに自分の中心にとどまるという経験です。

そこに無視は必要ありません。
外に溢れている情報の正しさも必要ありません。
何か変えようとする計らいごとも必要ありません。

ただ気づく。
身体のそして心の声を聴いてあげてください。

自分の身体に錨を下ろし、そこにしっかりとつなぎ留められているという経験が、絶対に大丈夫、絶対に安全という深い感覚につながります。帰る場所は他のどこでもない自分です。

身体には様々な感覚があります。自分にとって好ましいものから、不都合なものまで。

でもそうした感覚に「ただ気づく=受け入れる」ことで、自分の内部感覚を見方につけることができます。それは、調和や回復に向けての新しい行動パターンを築くための礎なのです。

自分の身体感覚(不快なものも含めて)に興味が持てるようになると、私たちのセルフコントロール感は格段に高まります。自分の身体と仲直りすることで、身体が調和へ向かって機能し始めます。それは自己受容や自己信頼へとつながっていく第一歩です。

しつこいですが(笑)身体感覚です。

身体感覚は自分とつながる感覚を作り上げるために必要不可欠な感覚です。それは今という現在にとどまる力であり、自分の感情や思考に気づいて、それを受け入れる力を培う土台です。それは身体的な健やかさだけでなく、精神的な健やかさ、人間関係の健やかさ、さらには生きる上での様々な経験に大きな影響を与えていきます。

自分の身体と仲直りしてくださいね。

 

 

コメント