anicca(アニッチャ)についてはこちら

変化できる力があるということ。

LATEST POSTS

私が屋号でつかっているanicca(アニッチャ)という言葉は無常という意味です。

無常というと何か物悲しげな、虚しさがただよう感じに取られる方いらっしゃるかもしれませんが、「常ではない」という事です。

変化しないものはないよ、永遠じゃないよ。
ということです。

嫌なこともずっとじゃない。
不幸なこともずっとじゃない。
楽しいこともずっとじゃない。
幸福なことも、やっぱりずっとじゃない。

でも私たちはいい意味でも悪い意味でも「ずっと」を握りしめてしまいます。

でも「変化しないものはない」ということは、変化できるということ。
私たちには、その力が既に備わっているということ。
私たちの可能性の源と言えるかもしれません。

でも、変化したいのに変化できない。
変化しようと努力すればするほど空回りしてしまう。

変化することにちょっと力みすぎかも。
変化させようと、できていない自分を見つけて直そうとしているのかも。
変化させようと、情報と自分を照らし合わせているのかも。
変化させようと、自分ではなく「正しさ」を軸にしているのかも。

変化しようとする努力は空回りしがちだけど、人は必ず変化する。
(黒丸先生の言葉です)

私がaniccaを屋号にしようと決めたのは黒丸先生に会うずっと前でしたが、これは自戒を込めてこの屋号にしました。なぜって、私、すぐにしがみついちゃうから(笑)

でも昔よりは自信を持って言えます。
誰にでも、変化できる力は備わっていますよ!

 

コメント