anicca(アニッチャ)についてはこちら

自分を知ることが幸せへの一番近道。

LATEST POSTS

昨日のブログでは自分をちょっと横に置いて流れに「乗っかってみる」ことも大切ですよということを書きました。

なのに自分を知る事が幸せの近道?
まるで逆のことを言ってるようですか?

自分を知ることは、自分を大切にすること。
私は…、私が…と外に向けることとは全く違います。

そして「乗っかってみる」が安心して出来るためには、自分を知ることが必要不可欠です。私は、私が…となってしまうのは、結局のところ自分を知らないからかも。

もっと、自分の心の声に耳を傾ければいいのに…って思いますが、実際多くの人はあまりその方法を知らないのだと思います。以前のブログで自分を知るツールを持っている人は様々な問題に対して上手に乗り越えられているように思います。

でも自分を知る事って難しいように思われがちですが方法は色々あるのだと思います。文章などを書いている人はいつも自分の内なる声を聴いているでしょうし、多分それは仰々しいことではないはずです。

たとえばこのブログでもよく言っていますが「息」(笑)。
私は本当に口を酸っぱくして「息」そのものを観察してみてと言っていますが、それは「息」を見ることが自分を知る第一歩だからです。でも残念ながら返ってくる答えは「息が浅い」とか「息が深くなった」とかそんな事ばかりです。

集中すれば息は止まるし、焦っている時、楽しんでいる時、走っている時、寒い時、暑い時、乾燥している時、湿度が高い時…本当は色々な表情をとおして自分を見せてくれるのに、浅い、深いの二語で語ってしまうんです。これは「息=自分」を見ているのではなくて、「浅い呼吸より深い呼吸が良い」という情報を見ているにすぎません。

今は本当にたくさんの情報が溢れています。どれほど情報が溢れていても、本当に大事なことは自分の中にあります。なぜなら自分が自分の一番の専門家だからです。

例えば身体に良いと言われる食べ物も、心理分析や占いなどで出た自分のパターンも、実際にそうなのか自分の心と身体で判断することが重要です。何かが分かった!ではなく、そのプロセスこそが本当の意味で自分を大切にすることに他なりません。そして、その結果、自分に対する確固たる安心感を得るのです。

そして、その安心感はそのまま自分以外の全てにも向けられます。
自分を知ることが幸せへの一番の近道なのです。

今の私にはヨーガや瞑想を通して、自分の内なる声を聴く機会があるので、それは本当に良かったなと思います。こんなこと書いているけど、ヨーガを知るまでの私は我が強い大魔王でしたから(笑)正直なところを言えば今でも気をつけています。

完璧にやろうとする必要はないけれど、そういう時間を意識的に持つだけで、日々の生活も全然変わってくると思います。

あなたにとって自分を知るツールはありますか?

コメント