anicca(アニッチャ)についてはこちら

【定員間近です】6/15(土)黒丸先生&野見山先生スペシャル講演会!!

LATEST POSTS

西洋医学の最新の技術がニュースで流れる一方で、自然治癒力を掲げ、東洋医学、代替療法、サプリ…様々なケアについての新しい情報や技術が溢れている昨今。良くも悪くもこうした終わりのない新しい情報を追い求め続けざるを得ない状況に疲れを感じている感も否めません。

そもそもケアとはなんだろうか? 癒しってなんだろう? セラピストの役割はなんだろう? 私自身はこんな思いがいつも頭の片隅にあります。そしてそれらの答えをテクニックや〇〇療法が出してくれるわけではないことにも気づいています。

では一体私たちは何を見直さなければいけないのか?

様々な視座から検討をする必要があり簡単な問題ではありませんが、今回は「つながり・関係性」をキーワードにして、講師のお二人には実際にどのように取り組んでいるのか、そしてこれから先のケアの展望についてお話いただきます。本格的なAI時代を迎える前に、今、立ち止まって土台を見直し、一歩先を見据えたケアのあり方や、新しい方向性を見出す時間を皆さんと作り上げていく、そんな講演会にしたいと思っています。

黒丸先生&野見山先生という、いつもキャンセル待ちになる大人気のお二人が名古屋に集結します!ここでしか聞けないお話や対談も!他では開催できない、この貴重な機会をお見逃しなく!!

講演会内容

黒丸 尊治先生 ~「つながり」からみたケアを考える~

私は「心の治癒力」にとても関心も持っています。「心の治癒力」とは、自分の病気や症状を治す力をはじめ、自分を癒す力、困難から立ち直る力、悩みや問題を解決する力といった広い意味合いを持った言葉です。この「心の治癒力」をいかにうまく引きだすのか、それが私のテーマです。実は「心の治癒力」には様々な要因が関与し、また影響を及ぼしています。例えば、クライエントの治療ひとつとっても、治療手段はもちろんのこと、セラピストの技術や人柄、クライエントの治療に対する期待感、セラピストとクライエントとの信頼関係、治療を取り巻く環境や、クライエントの日常における「つながり」や「きっかけ」、「出来事」等々、言い出したらきりがありません。これらすべてがクライエントの治療には直接的、間接的、相互作用的にかかわっています。私たちは、クライエントのケアと言うものを考える際、これら様々な要因やつながりを念頭に置きつつ、かかわっていく必要があると思っています。今回はコミュニケーションを軸にすえ、様々なつながりをどのように考え、ケアを行っていくのかについてお話しをさせて頂きたいと思っています。

野見山 文宏先生 ~身体が変わると心も変わる~

よく「心と身体はつながっている」と言われます。でも、いったい「どこが・どうつながっている」のでしょう?そもそも「心ってどこにある」のでしょう?今回はそんなことを身体を動かしたり、感じながら、体験と共に解き明かす講座です。具体的には「肩こり・冷えのぼせ・イライラ・・・」という日頃よく耳にする症状を採りあげ、解剖生理の立場と共に、レヴィ=ストロースの神話の研究・ヘルメスの杖・フレディーマーキュリー・東洋医学・ポリヴェガール理論など幅広い視点から、迫ってみたいと思います。最後にどんなものが出来上がるのか、やってみないと僕にも想像できません(笑)体験型ですので身体のことを学ぶのは全く初めての方も安心してご参加頂けます。また、セラピスト・コーチ・カウンセラー・ヨガインストラクター・ボディワーカー・医療従事者の方には新しい視座を提供できるかも知れません。どうぞお楽しみに!

※ 軽く身体を動かしたり・ペアで身体に触れることもあるプログラムです。事前にご了承下さい。

講師プロフィール

黒丸 尊治

彦根市立病院緩和ケア部長、ホリスティック医学協会副会長・同関西支部支部長、ホリスティックコミュニケーション実践セミナー主催

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京出身・59歳。87年信州大学医学部卒。徳洲会野崎病院、洛和会音羽病院心療内科部長などを経て、現在彦根市立病院緩和ケア科部長。心療内科医時代は、あまり薬を使わず、患者さんが本来持っている 「心の治癒力」をうまく引きだすというスタンスで、様々な身体症を治療する。また現在は「希望」が持てる緩和医療をモットーに日々の臨床に取り組む一方、一般のがん患者さんを対象とした「がんストレス外来」も行っている。数千人の患者さんとのかかわりの経験から、医療をはじめとする様々な分野で「心の治癒力」をうまく引きだすという視点を中心に据えたコミュニケーションの重要性を痛感。2007年12月から、心の治癒力をうまく引きだすコミュニケーション法の普及・啓発のため、東京・京都・福岡で定期的にセミナーを開催している。

著書・共訳書
「心の治癒力」をスイッチON!(BABジャパン)
心の治癒力をうまく引きだす(築地書館)
緩和医療と心の治癒力(築地書館)
心理療法・その基礎なるもの(金剛出版、共訳書)

ホームページ : ホリスティックコミュニケーション実践セミナー
ブログ : 心の治癒力への旅

野見山 文宏

Slow-Body-School主宰・ 解剖学セミナー講師・クリパルヨガ教師・鍼灸師

神戸市出身・53歳。大学卒業後、銀行員生活中に過労で倒れたことを機に鍼灸師に転進。症状を抑え込むだけの治療では、ほんとうの意味で人は癒えないことを痛感し、統合医療・ヨガ・プロセスワークなどの学びを深め「健やかさとは行き来出来るしなやかさだ!」との思いに至る。2001年より妻と共に伊豆に移住。自然農の畑で野菜を自給しつつ、全国でワークショップを行う「行き来する暮らし」を送る。趣味は波乗りとヨガ。主な著書に「感じてわかる!セラピストのための解剖生理」がある。モットーは「やってみなくちゃわからない!」

著書
「感じてわかる!セラピストのための解剖生理」

ホームページ : Body curiosity
ブログ : Dual Life ~ 行き来する暮らし

講演スケジュール

12:00~ 受付
12:30~13:00 野見山先生ワーク(軽く身体を動かしたり・ペアで身体に触れることもあります)
13:00~14:00 野見山先生講演
14:00~14:15 休憩
14:15~15:15 黒丸先生講演
15:15~15:45 黒丸先生デモンストレーション
15:45~16:15 黒丸先生と野見山先生の対談
16:15~16:30 質問応答
17:00頃~懇親会(希望者のみ・別途4,000円)

募集内容

日時:6月15日(土)
会場:名古屋国際センター・第2研修室 ⇒ アクセス
定員:40名(要・予約)
料金:8,000円(事前振込みをお願いしております)
*振込み完了で正式ご予約となります。お申込から1週間以内にお振込みください。
*キャンセル規定:お振込み~8日以内・無料 / 9日目~15日以内・50% / 16日以降 100%
(お越しになれない場合は代理の方の参加は可能ですのでご連絡ください。)
*お申込と返金に伴う手数料はご負担くださいますようお願い申し上げます。

お申込フォーム

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント