anicca(アニッチャ)についてはこちら

心の運転技術②

LATEST POSTS

心身一如という言葉もあるように心と身体は切り離して考えることはできません。同じように心の運転技術も身体を切り離して考えることはできないのです。

心の運転技術を高めるための重要な鍵の一つとして「姿勢」があります。

猫背だったり、背中が丸まっていたり、顎が上がっている人を本当によく見かけますが、実はこの姿勢そのものが心を上手に運転するためのエネルギーを消費させています。

それは何故か?

息がしづらいから!

もうちょっと丁寧に…。

実は心の運転力の鍵を握っている身体の部分があります。それが脳。そのエネルギー源はブドウ糖と酸素です。そしてこれらを脳に送り届けているのが血流です。

健康な人の脳は常時、全血液の15%が集まっていると言われます。脳の大きさが全体重に占める割合が2%ほどですから、いかにたくさんのエネルギーを必要としているか分かります。

例えば腰が曲がったり、猫背などで背中が丸まっている、背中が緊張している、あごが上がっている…などがあると胸が圧迫されるなどで肺や横隔膜などの働きが悪くなり、自然と呼吸がしづらくなります。そうすると、血液の循環が落ち、脳が求める量の新鮮な酸素の供給が滞り始めるのです。

つまりエネルギー不足です。そうなると、ちょっとしたことで身体も心も反応してしまい、感情や思考に大いに巻き込まれコントロールを失いやすくなります。

逆に姿勢が正されたり、筋肉がしなやかになると脳への酸素も十分に供給されるので、それだけで心の運転は格段にし易く、それだけで運転技術は上がってきます。

心の事ばかり取り組んでるけど、現実的に何も変わっていないのであれば、ちょっと視点を変えて身体にアプローチしてみることをお薦めします。何も難しい事をする必要はありません。鏡を見て、先ずはちょっと胸を張ってみる…そこからで十分なのです。

コメント