anicca(アニッチャ)についてはこちら

二月の雪、三月の風 、四月の雨が、美しい五月をつくる

LATEST POSTS

今日から、新しい年度。そして、新しい元号が発表されましたね。

「令和」。
音の響きが優しくて素敵だなぁなんて思います。令和の時代はどんな時代になるんでしょうね。

「二月の雪、三月の風、四月の雨が、美しい五月をつくる」

という言葉があります。

二月は寒くて雪が多く降る時期です。
先日もそうでしたが、三月は春一番をはじめ季節の変わりを伝える強風がビュービュー吹き荒れます。
四月は前線が停滞して、きれいな桜の花を散らす雨が多い月。

そんな時期を通して、植物は地中で静かに眠り、風に乗り遠くまで旅をし、水を含んで根付き、

そして、五月。一気に生命の活力をが目覚める新緑の頃となるのです。

今年は、雨も雪も少ない…そんな天気でしたが、この言葉は、なにも天候のことだけを言ってるわけではありません。寒さに震えたり、風に煽られ、雨にぬれたりがあるからこそ、穏やかで暖かい輝く時がやってくるという意味が込められているのです。

新年度を迎え、新しい時代を迎えるにあたって、ふと思い出した言葉でした。

 

コメント