anicca(アニッチャ)についてはこちら

セルフケアの前にやっておくべき一つのこと

LATEST POSTS

入り口は想像以上に小さい

どんなセルフケアを選ぶのか…の前にやっておくべき一つのこと。

自分の本当の問題(と思われるものを)を見つけだす。

当たり前すぎるんですが、意外と見落としがちです。

私が健康ジプシーを繰り返してしまったのは2つの要因がありました。

① 欲張り過ぎてる

あれもこれも一気に良くなるわけないと口では言ってるけど、心の奥では一発でよくなることを最大限に期待している。そしてアレコレも中途半端に手を出して、中途半端に終わる…。The時間とお金の無駄遣い…。

② 実はよく分かっていない

①を引き起こしてしまうのは、まさにこれが要因。自分の問題がよく分かっていない!

例えば頭痛の場合。頭痛を治したい!以上。みたいな…。不快な感覚は強く残るので、頭痛がなくなれば解決するという思い込みがちです。

でも漠然と頭痛という認識はあるけれど、どんな風に痛いのか、どんな時に痛いのか、どんな時は痛くないのか、頭痛で何が困ってるのか、頭痛が軽減されたらどんなことをしたいのか or どんないいことがあるのか…等々、あんまり分かっていないことの方が多かったりします。

セルフケアの最初の入り口は小さいのでなるべく細分化して小さく小さくすることが大切です。
漠然とした内容は大きすぎで入り口で引っかかります。

そして一気にあれもこれもは入りません。強引に入れようとして、入り口を壊し、よりメンドクサイことになる場合も多々あります。とにかく最初は欲張らずに一つずつです。

100点満点ではなくおおよそ80点くらいを目指す。

細分化しながらだと、埒が明かないように感じますか?

ご心配なく。
最初の入り口に上手に入れれば、その先はいくらでも広がる可能性があるります。その一つのステップが次のステップを勝手に導いて、さらに次のステップと進んでいくからです。

なので、私はいつも最初に伺っています。

「そのことでどんなことが具体的に困っているんですか?」

伺ってみると、意外と訴えられている症状や事柄と、困っていることが関係のない場合が多かったりします。言いながらアレっ?ってなっていたり。

もちろん、一回で問題が完璧に見つかる…わけではありません。それも含めて狙いどころは80点くらいです。ちょっとやってみて、あっ実はこっちが問題だったのか…と気づくこともあります。

自由度を与えてくれる「余白」が必要です。

セルフケアそのものについても同じです。完璧にやる事を目標にしないことです。ここでいう完璧とは身の丈に合わない設定をして無理をするということ。健康になるために無理をする…全く意味が分かりません(笑)

ここでもやっぱり「余白」が必要なんです。(←ふふふ。それのコツやポイントは基礎講座で・笑)

80点くらいを目指す感じでやれば、健やかに過ごせます。<目指す>この感じです。

自分を知る旅

セルフケアをする場合、まずは具体的に困っていることから取り掛かる事をお薦めしています。症状とは一見関係なさそうに見えて、遠回りに感じるかもしれないですが、実はそれが一番の近道の場合が多いのです。

身体でも心でも、何かしらの不調を覚えると、すぐに自分自身だけへ焦点が絞られてきます。自律神経のバランスとか姿勢とか、冷えとか、…いろいろね。勿論、これ大切なんです。私も言いますしね。

ただ、これだけでは足りないのです。

理由は簡単です。あなた一人で生きていないでしょっ!てことです。

つまり、自分一人で勝手に症状がでているのではなくて、他人や環境、社会などなど様々な関わりの中で、感情が反応したり、知識の判断があったり、行動のパターンがあって、今に至っているという事実です。

良くも悪くも「関わり」を無視してケアはできないのです。

意外とここ、見落とされます。たしかに私自身も治療院でそんなこと聞かれたこともなかった…。どんどん、どんどん、どんどん、自分自身へ焦点が絞られると・・・見えなくなっちゃいます。

まえにクライアントさんがデッサンを書くようだと言われました。
細部ばかり書くとバランスが悪くなるから、細部を見たり、全体を見たりそうやって仕上げていくと。

まさに!そんな感じです。

セルフケアって結局、自分を知る旅です。今、自分がどの位置に立っているのか確認する旅です。そして実はそういうのヨーガが得意とするところなんです。

今はアーサナや呼吸法が直接的に効くような風潮がありますが、伝統的なヨーガではアーサナや呼吸は、自己の肉体の変化を意識化して悟るために行なわれていました。

また、瞑想も過去のある状況や様々な刺激に対して、感情の変化や、認知の仕方、行動や知的判断の仕方などを見つめなおし、ヨーガの智慧をもとに再認知することで、自分の心のあり方を認識するという方法を取ります。(マインドフルネスのような瞑想だけが瞑想ではないんですよ。)

だから私、健康ジプシーから抜け出せたんです。今は実感を持って言えます。(それでも健康ものは好きですけどね(笑)もう巻き込まれることはありません。)

まずはその問題、小さくしてみることから始めてみませんか?

講座のお知らせ

上記に書いたことを実際にやりながらヨーガセラピーの基本となる部分を学んで身につけていただく講座です。ご自身の問題を1つないし2つ取り上げ、実際にセルフケアをしながらヨーガセラピーの基本的な骨組みの仕組みや体系を実践的に行なうことで、一生使えるセルフケアを身につけませんか?

お申込・詳細はこちらから → 実践ヨーガセラピー12時間基礎講座

〇第1期 9/6・9/20・10/4・10/18 金曜日9:30~12:30開催・・・残3席
〇第2期 9/14・9/28・10/12・10/26 土曜日13:30~16:30開催・・・残3席
※都合の悪い日は1期⇔2期での振り替え受講も可

コメント