anicca(アニッチャ)についてはこちら

「つながり・関係性」とは?

LATEST POSTS

「つながり・関係性」を軸に、黒丸先生は言葉やコミュニケーションを使い、野見山先生は身体を使っていきます。それは同時に心を扱っていく事になるのですが、なぜ、癒されていくんだろうって思いませんか?

例えば黒丸先生のされいてることも、野見山先生がされていることも一見そんなに難しいことをしていません。

一見ね、一見!!(実際はかなり高度な事されています)

だけど、なんかみんな、ほどけてゆく。
それはとっても心地いいスピード感で。
痛みを伴うことなく、ほどけていきます。

なんでだろうって思いません?←シツコイ(笑)

テクニックは表面的なこと。
では、そのプロセス? 確かにプロセスは重要。

ではどうしてそのプロセス?

って見ていくと、私たち人間の…いのちあるものの存在をどうとらえているのかという所にたどり着く気がします。これがまさに「つながり・関係性」なんだと私は理解しています。

そしてこの二人にすごいところは、こういうことをサラッと、マイルドにやってのけてしまうところ。(往々にしてこういうことを形にしようとすると仰々しくなっちゃいますよねw)

この根本の部分を確認しておくことはすごく大事じゃないかなと思います。
教育、介護、福祉、医療、宗教…人に関わる時の核の部分。

同じテクニックを使っても、ここが違うとプロセスも表面に出てくることも全く違うものになっていきます。どういう視座が正しいのかも正直分からないし、そもそも正しいとか正しくないという事ではないけれど、自分がどういう視座から眺めているのか確認しておくことは、大切な事ではないでしょうか?

今回の講演会では話を聴くだけでなく、ワークやデモンストレーション、お二人の対談などを通して、表面的な事だけでなく、その土台に広がるものを感じ、そしてケアの先に広がる展望について、参加者の方、先生方、お手伝いくださる方&私も含め、みんなで考えていける場にしたいなぁと思っています♪

 

お申込はこちらから ⇒ 黒丸先生×野見山先生スペシャル講演会

 

コメント