ほんのちょっとした事を継続して、視線を向けてあげる。 それだけで、心も体も安定するのを実感しました。

ブログ
LATEST POSTS

クライアントのI様の3回目のセッションの後の感想です。

あっという間に時間が過ぎてしまいました。自分自身を労る、大切にする。
難しいことではなくて、ほんのちょっとした事を継続してする、視線を向けてあげる。
それだけで、心も体も安定するのを実感しました。

思考や感情の声を優先するのではなく、身体の声、呼吸の声を優先させてみると本当に自分自身が喜ぶのが分かります。自分自身を労わったり大切にすることって本当は凄くシンプルな事で、たったそれだけで内側から安定感が広がっていくのです。

何故なら身体が私たちの帰る家だから。いつでもどこでも一緒にいてくれる身体や呼吸と仲良くなることは自分自身の土台でであり、必ず助けてくれます。
そして、私自身が驚いたのが、足の重心が変わったからか、足の角質が減って、ツルツルになったこと。分かりやすい変化でした(笑)
特にスペシャルな事はやっていません(笑)でも上手に意識を身体に向けてあげるだけで、身体って自分で調整する力があるので、一番安定したところで落ち着くんです。そうすれば、当然、無意識のうちにかかっていた身体への負荷が軽減されていくのです。
そして身体の姿勢はそのまま心の姿勢です。身体が安定してくると心も安定してくるのです。

ダンスをされているI様の以前の動画と現在の動画を拝見させていただきましたが、ダンス素人の私から見てもダンス中の安定感が違いました。

ダンスとかちょっとうらやましい…(笑)
体が緩む感覚はまだまだ、はっきりとは意識出来ないのですが、何かが変わっていっているのが、わかり始めたので、気負わず続けていけたらと思います。
緩むって本当に難しいんです。特に内側か緩む感覚は、他人にしてもらって「ほぐれる」のとは全く違います。この緩む感覚が分かるようになると、身体にしても心にしても、緊張している自分に早く気づけるだけでなく、早い段階で調子の悪さに気づくことが出来るようになり、セルフケアがしやすくなっていきます。
あとは、もう少し自分の呼吸に寄り添っていけたらな。レッスンを受けていて、私の中で一番心地いいのが、ここまで出来るようになって、とか、変化するものですよ、とか、人に合わせなきゃ、とかないので、自分だけでいいのが気が楽です。ただ、それが恐いと思ったり、不安に思うときもあったり(笑)
自分に寄りそうとか、受け入れるというのは、そうしようと作為的になるとできないという難しさがあります。
ただ気づく。そこで手を離す勇気も必要です。
ヨーガでは、特にプライベートセッションではそのプロセスを大切にしています。それはタスクを効率よくこなすというような仕事ととの向き合い方とは全く違う方法です。私たちはついつい自分と対峙する時にも仕事の手法を取り入れてしまいますが、私たちは人間。人間としごとやコンピュータは違いますもんね。
プライベートセッションでは様々な問題やお悩みの方にご利用いただいております。ご興味があるかたは一度お気軽にご連絡ください。
プライベートセッションの詳細はこちらから → プライベートセッション

コメント