“今”の自分を知り、“今”を生きる。それが自分で治癒力を引き出す方法。

ブログ
LATEST POSTS

“今”にいて“今”の自分、身体を感じる事がこれだけ難しいのか…。

4回目のプライベートセッションをうけていただいたS様。
何度も、何度も繰り返しお伝えしている事が「今の身体の感覚に気づく事」

最初は「感じない」「分からない」ことに戸惑い、抵抗してしまうのですが、それもまた感覚である事。それを少しずつ受け入れていく事で、今の状態を受け入れる準備が整ってくるのです。そうすると、不思議な事に感覚っての感じられてくるんです。

“今”にいて“今”の自分、身体を感じる事がこれだけ難しいか…。本当によくわかりました。しかし、ヨーガの動きを重ねることによって少しずつですが、自分の身体の細部を意識し、感じることが出来るようになる経験ができました。

4回受けたご感想

S様は当初、私はうつ病なのでは…という思いからヨーガセラピーを受けられました。現在は心療内科に通院しつつヨーガセラピーを受けられています。

最初のセッションの時は声も思うように出ず、身体を起こして座っている事も辛いような状態で、すがるような思いでした。市岡さんの言葉とヨーガ、そして、自分の治癒力を引き出す方法を教えてくださったおかげで、少しずつ身体も動くようになり、食欲も出てきて、日常生活もゆっくりですが、こなせるようになりました。“今”の自分を知り、“今”を生きる。それが自分で治癒力を引き出す方法だという事を教わりました。もちろん薬の力もありますが、それに頼るのではなく、自分を知る、自分を受け止めることなしでは薬の力を受け止めてプラスにすることはできません。本当にありがとうございました。

ヨーガセラピーを始めたのが9月のまだ残暑が厳しい頃でした。当初は病院に行くことや薬を飲むことに対しての抵抗感も強く、それがさらなるストレスとなっていたように思います。もちろん、その頃はヨーガができるような状態ではありませんでしたのでカウンセリングが中心となり、新しい何かを行うという事ではなく、今できていることを続けてもらうことを中心に行いました。

ただ回数を重ねる度に、生命力が戻ってくるS様を見て、S様ご自身の気持ちの強さを感じましたし、人の、いのちが持つ底力を感じずにはいられない数ヶ月を私自身も過ごさせていただきました。

人は誰でも自分で自分を癒す力を持っている

この言葉が私の中で力強く響いています。

体力も戻ってきましたので、今後は実際にヨーガや瞑想を中心に行いさらなる回復に向けて進むだけでなく、これから先ご自身でケアが出来るように、一生使えるケアのプロセスやテクニックを身につけていただければと思います。

*プライベートセッションを受けられる際、現在通院されている方は必ずご連絡ください。

コメント