プライベートセッションの2つの働きかけについて

プライベートセッションではお一人おひとりの目的に合わせたプログラムで進めていきます。とりあえずの改善や解決は一回のセッションでも可能ですが、同じ状態や同じような事を繰り返さない真の意味での改善を引き出すためには、当然のことながら一朝一夕では上手くいきません。

一般的には行動は3週間、身体の事は3ヶ月、思考や心の事は6ヶ月くらいの時間を要します。そのため、継続されることをお薦めしていますが、プライベートセッションでは以下の2つの視点を携えて行っています。

短期的・直接的な働きかけ

ヨーガの体操をしたり、呼吸を調えたり、瞑想をすることで自律神経を調え、リラクセーション法心身の不調改善を図っていきます。エアを行っていきます。気持ちが落ち着くなどの他に、カウンセリングを通して、今、現実的に困っている事や悩みごとの解決に向けて考えていきます。

具体的には慢性的な腰痛、片頭痛、高血圧、糖尿病、更年期など婦人科系の症状、不安感、イライラ、不定愁訴、自律神経の乱れに伴う様々な症状など

長期的・間接的な働きかけ

直接的なアプローチを続けることによる間接的な効果です。ヨーガの最大の特徴は自分で行うという事にあります。続けて頂くことにより良い習慣となり、ご自身に合ったセルフコントロールや、感情のコントロール、セルフケアが身につき、年齢や状況に応じたケアが容易に出来るようになっていきます。また、ものの見方や考え方が自ずと変わる事で、日常生活における行動にも自然と変化が生まれ善循環をご自身で生みだすことができるようになっていきます。

 

最終的な目的はハミガキのように、日常の中に溶け込むようにできるようになることです。今ある悩みや問題に取り組みながら、未来に向けてどのようできるのかを一緒に探していきましょう。

詳しくはプライベートセッションのページをご覧ください。

12月までプライベートセッションのモニター様を募集しております。アンケートにお答えいただく事が条件になりますが4回コースを通常の半額でご利用いただけますので、この機会に是非ご活用くださいませ。

プライベートセッションページへ

 


LATEST POSTSカテゴリの最新記事