身体感覚に気づくことは「そのまま」の自分を受け入れる第一歩

ブログ
LATEST POSTS

先日の日曜日から「こころとつながるヨーガ」の京都が再スタートしました♪
足元の悪い中、ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

今回は第一回目なので「身体と心」について。

*ヨーガの人間観
*身体のつながり
*感覚を通して観る身体と心
*自分自身を見守る事
*以上をふまえたアーサナ

で進めていきました。

このクラスは「自分と上手に関わる」という事が大テーマです。
その中でもこの身体の感覚に気づくというのは本当に大切な事。

自分の身体とのかかわり方は、そのまま自分以外の他者や環境との関わり方。

アーサナは驚くほど簡単ですが、身体の声を尊重することの難しさ。
でも身体の声や感覚に耳を澄ませたときにお訪れる「おさまり感」。
自分自身のつながりを体得していく事は本当に大切な事です。

心(思考や感情)も大切だけれど、身体という実体が無い限り存在できません。
心はアレコレ迷うけど、そんな時でも身体は精一杯生きる方向にベクトルを向けています。
そんな身体の声や反応を捉えれるのは自分自身だけ。

感覚に意識を向けることは、そのままの自分を受け入れる事であり、自分へ優しさを向ける事です。

上手にできることが目的ではありません。
感情や思考を優先させてることに気づいたら、そのときの身体の感覚に気づいてみてください。

参加された皆さんには、週に一回、今週のテーマをメールで差し上げています。
嫌がらずに(笑)読んでいただけると私も嬉しいです♪

2月のこころとつながるヨーガ

<名古屋>2/22(金)19:00~21:30
テーマ:タパス(自己鍛錬・苦行)

<京都>2/24(日)13:30~16:30
テーマ:呼吸

お申込・詳細はこちらから
こころとつながるヨーガ

コメント